引越し 見積もり 時期

引越し業者最安値を探そう!無料一括見積り実施中!

引越し業者選び

まず、大事なポイントとして、打ち合わせをきちんとしてくれるか?

綿密な打ち合わせをしていれば、いざとなったときに利用者とトラブルになりません。
気持よく相談ができ、極力トラブルにならないようにしてくれたりします。

費用が安いだけでなく、きちんと安全・確実な引越しが最重要ですから、対応なども見ておきましょう。

アドバイスをくれるかどうか?

何かわからない点があった時、親切にアドバイスをくれる運送業者は好印象ですね。
間違っても、さっさと契約だけを急ぐ会社や余計な梱包用品などを売りつけてきたり、高いプランをつよく勧めてくるような業者は断ったほうが後々を考えると断るほうが賢明です。

やはり、ご自分の引越しの予定や条件を明確にし、
引越し業者に見積もりを依頼して、きちんと相場を把握する必要があります。

見積もりは、一社だけでは引越費用の相場も把握できませんし、比較もできません。
かならず複数の引越業者から見積もりをとるほうをオススメします。







引越し費用を抑えたい

引越しが決まったら・・・。

当然、引越しにかかる費用 いったいいくらかかるのだろうと思ってしまいますね。

一番安い費用で引越しするには・・・

レンタカーを借りて、友人たちにお手伝いしてもらう!
一見、費用があまりかからなそうに感じますが、レンタカー料金に燃料費 友人への
謝礼にまかない食事代 一番大きな問題は、拘束されてしまう時間・・・ですね。

曜日や時間帯で引越し業者の料金も変わりますが、
100キロ以内の引越しの場合、引越し業者の料金は約3万円〜4万円前後なんです。


思いきって、運送会社へ値段交渉!

交渉次第では、引越し業者の料金はもっと安くなります。

本当に引越しを安い費用で済ませたいなら、
どこの引越し業者が安い料金でやってくれるか知っておいたほうがお得です。

引越しの時期はいつですか?

引越しの時期により、費用がやや違ってくるようです。

引越し費用を安く押さえたい方は、平日や仏滅のほうが良いでしょう。

また、引越しは3月末〜4月初頭の繁忙期を避けることで、費用を安く出来ます。

会社の移動や就職、進学に伴う引越し時期がどうしても重なりますね。
年間の引越し件数の8割が3月末〜4月初めに集中していると言われてますので、
費用も高くなります。

また休日(土日、祝日)は平日に比べて、料金は2〜3割増くらいになってしまいます。
また時間指定も、午前の便よりも午後の便の方が安くなります。

引越しする曜日はできるだけ平日、さらに午後の便を選べば、繁忙期でも多少は安く済ませられそうですね。

日本人の多くが吉日を選ぶ傾向にあることから「大安」の日は引っ越し代金は若干高く、
「仏滅」の日は逆に若干安くなります。吉日にこだわらなければ、料金を抑えられます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。